リサイタル終演のご報告とお礼
12月2日(土)の東京サロン・テッセラでのリサイタル、その前の11月11日(土)の茅ヶ崎スタジオ・ベルソーでのリサイタル、その前の9月18日(月)のアルカスSASEBO中ホールでのリサイタルにご来場いただきました皆様、ご支援をいただきました皆様、温かい応援を誠にありがとうございました。
Je remercie beaucoup encore à tous ceux qui sont venus écouter et ont supporté mes récitals depuis le 8 septembre dans les Cévennes jusqu’au 2 décembre à Tokyo.

9月8日に南仏の山奥から始まったささやかな“プチ”リサイタルツアーでしたが、マネージメントの専門家の補助なしにもこのような各公演を実現でき、最後まで演奏を終える事ができたのは、本当に沢山の皆様のお支えやご協力と友情、各地でご来場くださった皆様のおかげでした。

“素朴の深みに挑む“と題したタイトルの通り、自分にも負荷をかけて「挑んだ」プログラムでしたが、インターバルを挟みながら、性格の違う楽器と会場で一定期間同じプログラムと向き合い続けることを通して、学んだ事や客席と交わした「言葉にできないもの」は、本当にかけがえのない財産となりました。

沢山の学びと反省を、また今後の演奏に繋げてまいります。


9月8日(土) 20:30 会場:Eglise Saint Martin de Corconac (L’Estréchure, FRANCE)
使用楽器:Blüthner 1903年製 (ドビュッシーが使用していたものと同じモデル)


9月9日(日) 20:30 会場:La Filature du Pont de Fer (Lasalle, FRANCE)
使用楽器:Pleyel 1930年代製



9月18日(月・祝) 14:00 会場:アルカスSASEBO中ホール (長崎県佐世保市)
使用楽器:Bösendorfer Model 275



11月11日(土) 14:00 会場:スタジオ・ベルソー (神奈川県茅ヶ崎市)
使用楽器:Bösendorfer Model 175



12月2日(土)14:30 会場:サロン・テッセラ(東京都世田谷区)
使用楽器:Steinway & Sons C-227


東京公演の2日後には、このリサイタルのプログラムとアンコールで演奏したフランスゆかりの曲目を携えて、立教大学池袋キャンパスにお邪魔し、音楽の歴史の講義にて演奏と講話をさせていただきました。
3時限目の一番眠たい時間にもかかわらず、盛りだくさんのプログラムを終始熱心に聴いてくださりとても嬉しかったです。
また皆さんからいただいた心のこもった感想文は大切な宝物です。
私にとっても、音楽のもつ以心伝心の力を再認識させられる貴重な機会となりました。
お世話になりました先生方にも心からお礼申し上げます。

【2017/12/09 21:04】 活動報告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
9/18(月祝)午後佐世保でリサイタルを開きます。

9月18日(月・祝)の14時より、アルカスSASEBO中ホールにてリサイタルを開催させていただく事になりました。
地元佐世保でのリサイタルは、2006年に左手だけで弾かせていただいて以来11年振りです。
これまでの音楽を通したご縁から、多くの方のご協力、ご後援を得て実現できる事となり、心より感謝しております。

プログラムには、今私の心に響くもの=心にすっと入ってくるような、シンプルで洗練された響きのもの、それでいて実り多い内容を含んだ作品を集めました。
初めて聴く方にも、何度も聴いてくださっている方にもお楽しみいただけるプログラムです。
私にとりましても、いかにシンプルなものの中で豊かな内容と魂を込められ、会場の皆さまと分かち合えるかという挑戦です。
どうかたくさんの皆さまとこの時間を共有させていただけたら幸いに思います。

チケットは明日6月15日(木)より発売開始です。
アルカスSASEBOチケットカウンターイープラス、長崎の絃洋会楽器店、佐賀のアート・ミュージックにてお求めいただけます。



佐世保の前には、9月8日(金)20時30分~南仏セヴェンヌ地方の山奥に11世紀に建てられたサン・マルタン・ドゥ・コルコナク教会にて、佐世保の後には、11月11日(土)14時~茅ヶ崎のスタディオ ベルソー、12月2日(土)の14時30分~東京・三軒茶屋のサロン・テッセラでも、同じプログラムを予定しています。

佐世保の2日前16日(土)には、毎年恒例の"絆"東京藝術大学音楽学部附属音楽高校卒業生男性5人によるPIANO CONCERTの16回目も東京文化会館小ホールにて予定しています。

身の引き締まる下半期になりますが、皆さまとお会いできる事を楽しみに精進いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本山 乃弘
【2017/06/14 23:59】 演奏会情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
佐世保での定期的なレッスン開催のお知らせ(定員以上申込制による)

昨年春にフランスから帰国して、もうすぐ1年が経とうとしております。

帰国を機に、これまで経験を重ねながら学んできた事を、現在拠点としている関東の方々だけではなく、地元の佐世保やその周辺でピアノの上達に励む方々、ご自身とピアノとの関係を日々深めておられる方々へ広くお伝えしていきたいと願っていたところ、そうした方々からも、もっと学びたいと受講ご希望のお声を多くいただくようになりました。
これまで佐世保でのレッスンは、演奏会や私用で帰省したタイミングに承っておりました。
またレッスンのご依頼をいただいて帰佐する場合には、人数によってはやむを得ず交通費の一部のご協力をお願いしておりました。
非常に感受性豊かで意欲あふれる同郷の若い方々や先生方と接するうち、地元でももっと多い機会に、あまりご無理なご負担をお願いする事なく、レッスンを通してお手伝いができる機会を設けられないものかと考えて参りました。
そうした中、以前より交通経費を抑える方法も見つかった事から、差し当たり下記のような方法でのレッスン開設を試みる事といたしました。

♩毎月1回を目安に、翌月にレッスン可能な日程をホームページ上にて(既に受講されたことのある方やご希望頂いた方へはメールでも)お知らせいたします。

♩お知らせしたレッスン予定日の10日前を締め日とし、それまでに5名(5コマ)以上ご希望の方が集まりましたら、その日程でのレッスン開催を決定いたします。

♩締め日までに希望者が定員に満たない場合には、その募集日程でのレッスンは見送りとさせていただきます。(状況によっては、募集期間を延長する場合もございます。)
※変動する航空運賃と空席の状況によっては、4コマ以上でも可能な場合、あるいは5コマでも難しいというケースも起こりえますが、ひとまず10日前まで5コマ以上での開催という形を判断基準として設定いたします。

レッスン料は、基本的に首都圏での出張レッスンの価格を基準に設定させていただきます。
お申し込み時にあらかじめご希望のお時間(コマ数)をお知らせください。 (受講のご希望のみ先にお伝えいただいてからコマ数をご検討いただいても結構です。)

1時間 ( 1コマ) 10,000円
1時間半 (1.5コマ) 14,000円
2時間 (2コマ) 18,000円
2時間半 (2.5コマ) 21,000円
3時間 (3コマ) 24,000円

まずは急ではございますが、来月3月は本番やコンクールを控えている方が多い時期ですので、3月11日(土)・12日(日)を次回レッスン可能日として、受講者を募集いたします。
ご希望の方は、メール、もしくはホームページのお問い合わせフォームにて、3月2日(木)午前7時までにお申し込みください。
同じタイミングでどの程度ご希望が集まるかわかりませんが、やってみないことには始まりませんので、もしタイミングよくお力になれる事がございましたら、まずは是非ご希望の旨お知らせくださいませ。
周りで必要としておられる方や、ご興味のありそうな方がいらっしゃれば、是非ご周知いただけましたら幸いです。
また、受講された事のある方で、その回のご希望がなくてももちろんお気になさらないでください。
毎月募集を募り、人数が集まった時には開催できるという前提で、お気軽に必要な時にお申し込みいただける形が浸透して、佐世保・長崎・九州の皆さんとも、レッスンを通した有意義な機会を少しでも増やしていく事ができたらと願っております。


2017年2月24日

本山 乃弘
【2017/02/24 00:27】 レッスン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2016年9月9日~11日
9月9日

本番翌日、マルセイユを出発する前に15分だけ観光ができた。ここはマルセイユを一望する、ノートルダム・ドゥ・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂。


大きな港街のマルセイユの教会には、航海の安全を祈願した船の模型や船の絵がたくさん展示してあった。


太陽のあまりのまぶしさに、目を閉じないでいるのに必死。
海のそばなのに、風がからっと乾いていて心地良い。


マルセイユ・プロヴァンス空港からパリへ。


パリには遅く着いて、乗り継ぎのため一泊眠るのみ。3月末まで7年間住んでいた元自宅のすぐ近くで一泊した。寝る前に少しだけ歩いてみたが、5ヶ月ぶりでも変わらない日常が流れていた。変わったのは公園に赤い大きな植木鉢と駐輪スペースが現れた事と、、、

落書きアートの絵柄が更新されていたこと。
住んでいた部屋にはまだ誰も入っていないようだった。住み慣れた場所なのに家に帰らないのが妙な感じだ。少しのさびしさと、そばにいても遠くにいても変わらず世界はつながって続いていくという安心感を噛み締めた。



9月10日
翌朝再び格安航空に飛び乗り、ミラノの親友を訪ねた。

20160922045804_20160922045835.jpg
イタリアでのチッコリーニ先生のマスタークラスで2010年に出会って以来、毎年同じマスタークラスで学び合い、その後パリでも2年間同じクラスで勉強した仲間。僕よりも先にパリを去っていたのだが、今回幸い帰国便にミラノを経由する格安チケットが手に入り、1年ぶりに再会する事ができた。帰国後の苦労話や、近況報告を兼ねたピアノの弾きあいなどをした後、去年亡くなったチッコリーニ先生がかつていつも好んで召し上がっていたアペリティフで、マエストロに献杯した。話していると、恩師から学んだ事がまた違った角度から立体的に見えてくる。


2015年6月の友人の試験の時の模様。パリ・エコールノルマル音楽院のホール"サル・コルトー"にて。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を伴奏した。この学校の試験は予選と本選からなるコンクール形式で、審査員には学外から著名な教授やピアニストが呼ばれ、最上級の課程になると、審査員も受験生も大きな国際コンクールさながらの顔ぶれになる。そこで最後まで選ばれた学生しか修了認定を受ける事ができない。毎年各課程が厳しい試練となっている。
私の受けた2012年のコンサーティスト高等課程修了試験では、この音楽院の演奏高等課程修了か、国際コンクール世界連盟加盟のコンクールでの入賞者という条件でエントリーを認められた16名が受験し、修了証を与えられたのが5名。この時の首席は、浜松国際ピアノコンクールを始め多くのコンクールの覇者でもあるイリヤ・ラシュコフスキー氏だった。この様な環境はあまり外に知られていないようだが、学内にいながら世界中の多様なものすごい才能・演奏にいくつも接することができ、また彼らと交流を深めることができたのは貴重な財産だ。
この伝統ある名ホールや、重要文化財に指定されている歴史ある校舎の、豊かで自然な音響のレッスン室で勉強を重ねられた事(ペダルの概念が根本的に変わった!)、コルトーの所有していたプレイエルのピアノで何度も弾けたことなども、この学校でしか得られなかった経験だと思っている。
(これから留学を考えているという人にとっては、留学先の具体的な様子がとても貴重な判断材料になる事を身をもって経験してきたので、ついでに少し触れてみた。)

9月11日

(↑写真のターミナルの屋上パネルに「ワルシャワ・ショパン空港」と記されている)
ワルシャワ・フレデリク・ショパン国際空港で乗り換えというだけでテンションが上がってしまう。
右手を故障して振り出しに戻る前、ポーランドで勉強することを真剣に考えて準備していたほど、僕にとって特別な思い入れのある作曲家ショパンの国にやってくるといつもなんともいえない厳粛な気持ちになる。
それにしても、ここはポーランドの首都ワルシャワのメイン空港。日本でいう成田か羽田にあたる、国の表玄関だ。そこに名前がついてしまうショパン。ショパンにとってのポーランドと、ポーランドにとってのショパンがこれほどの誇りなのだなと、改めて感激してしまう。


7年前に訪れた時よりも空港がうんと新しく、大きく、おしゃれになっていた。
以前は西側の主要空港で乗り換えが必要だったのだが、最新鋭のB787で東京へ直行できるようになっていた。
ポーランド人のお客さんと乗務員さんに囲まれ、大好きなポーランド語の響きを久しぶりに耳にしながら帰途についた。

翌朝、到着した成田で、偶然同じ便に乗り合わせていらっしゃった、10年以上前にお世話になっていたポーランド語の先生とばったり遭遇し、ご挨拶を交わしながら、色々なところでつながるご縁をありがたく思った。

【2016/09/12 18:00】 活動報告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2016年9月8日
9月8日
午前中に友人宅を発ち、車で4時間弱、マルセイユへ移動しました。







道に随分迷って辿り着いた会場からの眺めに圧倒されました。










リハーサル中の眺め。


20時半から、30人ほどの音楽家中心のお客様を前に、モーツァルト、リスト、チャイコフスキー、ブルーメンフェルト、スクリャービン、ショパンを演奏しました。


アンコールの後、サプライズでお客さん達からのハッピー・バースデーの斉唱とバースデーケーキが!私の33歳の誕生日だったのです。ぶっつけのその場で素敵にハモってくださったお客さま達!フラッシュ・モブさながらの素敵なプレゼントに胸がじ~んとなりました。


本番中にロウソクを吹き消すのは初めての経験。濃厚なプログラムで感情を深く通わせ、体力的にも出し切った後のサプライズに、頭の中が真っ白に…色々な想いが込み上げて、ただただ感謝の言葉を繰り返す事しかできませんでした……

音楽がくれた出会いに感謝した夜でした。


【2016/09/08 23:59】 活動報告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
      blog Top  ブログトップ             Next 次ページ